今週の大手NO.1消費者金融

ブラックでも融資って受ける事本当に可能なの?融資が受ける事出来る人出来ない人を説明します。

 

消費者金融からの借り入れが膨らんで債務整理したからブラックリストにのっているはずだけどよくブラックでも借り入れ出来る消費者金融紹介しますというサイトがあるけどそれって本当に正規の消費者金融なの?闇金とかやばい金融じゃないのと疑問に思っている方も多くいるかと思います。

 

このページではその辺の疑問について解消していければと思います!

 

まずブラックリストとは信用情報機関に事故情報などのネガティブな情報が載る事を指します。

 

・債務整理
過払い金の請求、任意整理、個人再生、自己破産の総称を指します。債務整理を行った方は5〜10年程度ローンが組めないなどといった不利益が生じますが、過払い金の請求は事故情報として載る事はありません詳しくはコチラよりご確認いただけます→債務整理とは?

 

・遅延
キャッシングローンなどの支払いを2〜3ヶ月大幅に遅延またはるいはんに遅延する事。
この遅延が長引く場合強制解約といって銀行や消費者金融、クレジット会社から一方的に契約を解約される事もあります。

 

・申し込みブラック
一ヶ月などの短い期間の間に数社へ融資を申し込みした場合申し込みブラックとして情報が載る場合があります。
また期間は定まってなくても申し込みして融資を受けた金融会社以外に2〜3社と借り入れをしようとすると信用情報機関にネガティブな情報として残るようです。

 

ではブラックでも正規の貸し金業者から融資が受ける事が可能というのはうそなの?

 

 

例えば申し込みブラックの場合は最後に申し込みをした日付から半年すると事故情報としてのネガティブな情報は解消されます。

 

またこれは先ほど言ったとおりなのですが信用情報機関にネガティブ、または事故情報として残るのは自己破産で最大10年、それ以外ですとおおむね5年ほどで解消されます。

 

 

その期間が過ぎ現状が良好で支払い能力があれば新たに消費者金融や銀行からの融資を受ける事が出来るのです!

 

株式会社日本信用情報機構
(JICC)

 

株式会社シー・アイ・シー
(CIC)

 

全国銀行個人信用情報センター
(KSC)

 

日本ではこの3機関が個人情報を互いに共有していて携帯電話の支払いから奨学金といった細かな分野まで情報を共有しているのですが事故情報として残っているか確認はそれぞれの機関全て行えるので自分がまだブラックなのか気になる方は調べてから融資を申し込んでみるのもいいかもしれませんね。

 

当サイトでは過去にブラックリストに載った方も先程あげたように事故情報が解消された方に融資を行った実績のある中堅のおすすめ出来る消費者金融を厳選したランキングとして上げているので参考にしてみて下さい!